【MUGEN】一週間でどこまでオリジナルキャラクターを作れるか【多関節】 の感想


スプライトを1枚1枚描くのではなく、1枚の絵をパーツに分けて動かす方式のキャラのようですね。
昔はFlashでよくみかけましたが、最近はe-moteとかlive2dで大きなイラストを動かしたり、
ソシャゲ等で操作キャラを動かすために積極的に使われているような気がします。

パーツの制約上どうしても似たようなモーションが増えてしまうけど、
滑らかな動きや作る日数の削減は大きなメリットですよね。
日数制限がなければベース素材を複数用意するなどして軽減もできるし、
3Dキャラと比べてベースを作る手間が少ないという点でも試してみた方法だなぁ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

>w<

Author:七紙零
「7枚のテストに0が並ぶ」がHNの由来なのかは永遠の謎……
------
リンクフリーっす。
付け外しはお気軽にどぞ(>w<)ノ☆
------
[グラブル]
 火パ好きのアグニスマン
[アズールレーン]
 トラック鯖
[艦これ]
 引退
------

最新記事
[グラブル]どうして空は蒼いのかの復刻イベ 2018/02/24
[Steam]ゆっる~い雰囲気のボードゲーム「100% Orange Juice」 の感想 2018/02/24
[雑記]仮想通貨と税金 2018/02/23
[グラブル]2月闇有利古戦場お疲れさまでした 2018/02/22
【マナケミア2】ロゼを作ってみたい その1【MUGENキャラ作成】 の感想 2018/02/21
[ニコ動]武藤遊戯が幻想入り 7話 の感想 2018/02/20
MUGEN 【たぶんSMH未満】凶&狂キャラトーナメント フェスティバル Part8.5 の感想 2018/02/19
[グラブル]十天二人目の4アビ解放 2018/02/18
【MUGEN】狂下位級!叩け筐体ランセレトーナメント2 Part17~18 2018/02/17
[グラブル]2月古戦場予選、お疲れさまでした(`・ω・´)ゞ 2018/02/16
最新コメント

openclose

ブログ内の検索
カテゴリ
ブログカウンタ
RSSリンクの表示