[グラブル]古戦場TLで感じた火パの武器編成5種

先日までの古戦場中は火パに関する情報も多く、
火パ好きとしてはいつも以上に色々眺めていました。
その中で感じたのが意外と人によって編成が様々ということ。

火は一般的にまず目指すマグナ装備が最弱級ということもあり、
装備編成特は特に好みが分かれるようですね。

理想編成とは違うかもしれないけど、大まかに次の5つに分かれるかな?

GS448.jpg
◇マグナ編成
武器:コロッサスケーン・マグナ中心
石 :コロッサス・マグナ + 属性石(シヴァ等)

方陣攻刃Ⅱとマグナ石を組み合わせたいわゆるマグナ編成。
火のマグナ武器は4凸しても攻撃力2300に届かないぐらい貧弱で、
火属性が弱い弱い言われてきた一番の原因だと思う。
他のマグナ編成だと6~7本入るらしいけど、火はわずか5本で十分らしい。

では弱いぶん構築の難易度は低いのかと言えばそんなことはなく、
火マグナ武器は攻刃枠が1種類しか無いため収集が大変です。
さらに装備集めの相手は即死級連打のコロッサス・マグナ、
上限解放のプシュケーでは属性変化で6人HL難関のフラム=グラスと相手も辛い。


GS449.jpg

◇オッケマン編成 (コロコロマグナ?)
武器:オールド・エッケザックス中心
石 :コロッサス・マグナ x コロッサス・マグナ

フラム=グラスから稀に落ちる方陣武器を中心とした編成。
攻撃力は貧弱なコロ杖より更に低い僅か1677であり、
さらにスキルLvも10止まりで攻刃も(中)と低い。
ただしそれを補う背水(小)と技巧(中)の組み合わせが強く、
特に技巧が強いので対風なら4凸コロ杖を簡単に逆転できます。

方陣の技巧は複数載せると確率が加算され、マグナ石も確率に作用するので、
コロマグxコロマグxオッケ(6~7本)で常時クリティカルを狙えるらしい。
要するに(風が相手の時に限り)別枠1.5倍が増える事になり数値以上に化けるようです。

昔はドロップ率が低くすぎて都市伝説級の編成だったけど、
最近は(多少は)落ちやすくなり、栄誉2500で(一応)交換もできるようになった。


GS452.jpg

◇エッケマン編成
武器:エッケザックス中心
石 :アグニス x アグニス(か属性石)

いわゆるアグニスマン。
上と同じくフラム=グラスから稀落ちる武器エッケザックス中心の編成。
ただし加護石が主神石と呼ばれるアグニスのため中身は大きく異なります。

まず技巧は通常と方陣で複数装備時の効果が異なるらしく、
技巧それぞれで確率判定を行い、最後にクリティカル倍率を加算するらしい。
(例えば5個積んでいたら数%を5回判定し、2回成功なら1.0倍+(0.5+0.5)で2.0倍とか?)

そして通常枠に補正がかかるため、アテナ槍(エリクトニオス)の三手確率が上昇します。
これによりDA/TAによる加速とクリティカルによる爆発力を備え、
さらに背水まで持っているため、極めれば上限減衰連打も夢ではなくなります。

難点はサプチケ不可のアグニスが必須であることと、エッケを集めるのが大変なことだろうか。
武器については交換がアニマなので、オッケと比べれば……まだ楽かもしれない?


GS450.jpg

◇クリフィンマン?
武器:クリムゾンフィンガー中心
石 :アグニス x アグニス(か属性石)

グラシ(グラーシーザー)と言えば知ってる人も多いと思うけど、
あれの火版といえばクリムゾンフィンガーがどのような武器かは分かりやすいはず。
攻刃Ⅱという高い補正値に加えて背水(中)がついてくる強武器ですが、
入手方法は金月30個かサプチケを使用する必要があります。
さらに1つだけ持っていても意味がなく、4凸が必須という高級武器でもあります。

クリムゾンフィンガー(クリフィン)自体はエッケマン他でも数本は入るのですが、
こちらはそのクリフィンを5本も6本も積んだ編成です。
実は無課金でも入手できるエッケ編成でも近い威力まで行けてしまうのですが、
あちらは技巧ありきのため風以外だと力を発揮できません。
対してクリフィンは風以外も対応でき、HPの高い段階でも高威力をキープできます。

もっとも普通は弱点属性にしか使わないだろうからエッケ編成でも十分なため、
サプチケ等を多数犠牲にする労力の割には報われない気はします。
アグニスマンの中ではレア編成っぽく、あまり見かけませんでした。


GS451.jpg

◇ゼノイフマン(フラムマン?)
武器:六道・灼滅天の刃鎌系 中心
石 :自由 (フラム=グラス)

少し前にゼノ・イフリートのイベントが開催されましたが、
その時に入手できた六道武器を4本も5本も敷き詰めた編成。
比較的上げやすい攻刃枠はバフ等にまかせてしまい、
基本的に残りは方陣を中心に埋めて平均的に枠倍率を高めるのかな?

マグナ石・主神石と違いメイン石が自由になるのが利点で、
シヴァxシヴァといった編成や普段は使いづらいフラム=グラス(攻刃枠)も使用可能。
特にフラム=グラスはHP60%UP効果を持っているため、
他の編成以上に耐久力のあるパーティを組めるようです。
また攻刃枠が薄いためコルワ(攻刃)バフが高い効果となるメリットも。

もっともしばらくは入手不可能な武器であるという問題があり、
あの地獄のゼノイフイベで4本も5本も揃えた人がどれだけいるのやら・・・・。
関連記事

テーマ : グランブルーファンタジー
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ブログカウンタ
プロフィール

>w<

Author:七紙零
「7枚のテストに0が並ぶ」がHNの由来なのかは永遠の謎……
------
リンクフリーっす。
付け外しはお気軽にどぞ(>w<)ノ☆
------
[グラブル]
 火パ好きのアグニスマン
[アズールレーン]
 トラック鯖
[艦これ]
 引退
------

最新コメント

openclose

最新記事
ブログ内の検索
カテゴリ
RSSリンクの表示