[Steam]ポータルを探しランダム装備を拾って強くなる横アクション「COLLAPSED」 のプレイ感想

SSC637.jpg

片方で移動、片方で照準を合わせるツインスティックのアクションゲーム。

ランダム生成されるダンジョンを探索して、ランダム数値のドロップ装備を付け替えながら進み、全10ステージを攻略してきます。最終ステージクリア後は新たな難易度が登場し、繰り返し挑んでいくローグライク要素のゲームでもあるかな。

永続強化のスキルツリーも存在し、挑むごとにドンドン強くなっていくのが実感できます。




通常時で約1,500円ほど。

ただ、現時点では日本語は未対応、パッチなどもなさげでした。基本的にアクション部分中心のため、アイテム効果さえ翻訳すれば読めなくても遊べるとは思われる。



SSC638.jpg

主人公は近接攻撃と銃武器を装備していて、この系統のゲームにしては珍しく射撃武器の方が中心となります。

射撃武器には弾薬の概念がありますが、弾薬回復アイテムや近接攻撃時に微量回復するため、極端な節約プレイは不要です。ただ、無駄うちしすぎると弾切れを起こすし、そこに敵のラッシュが来るとあっという間に倒されてしまう感じかな。

あと、2段ジャンプの他に壁に張り付くことが可能で操作感は悪くない感じです。



SSC639.jpg

あちこちに落ちている箱からは装備品を入手可能。

各アイテムは固定の基礎パラメータの他に、追加でランダムの強化値が存在。好きな装備を吟味していくのが強化の基本となります。

装備品は「近接武器」「射撃武器」「防具」の3種類が存在し、各箇所に3個装備可能なため合計で9個まで装備可能。装備品自体は弾数が増えたり追加効果が発生したり、戦い方が大きく変わるため単に数値が大きくても悩まされます。



SSC640.jpg

各ステージではポータルと呼ばれる場所が複数存在。

解放することで多数の雑魚が襲い掛かってくる中ボス戦が行われ、見事撃退すると「多数のアイテム取得」「次のステージへの道」などが現れます。なので、このポータルを探して進んでいくのが基本となります。



SSC641.jpg

3ステージ毎にボス戦が発生。これが3セット+ラスボスの全10ステージが待ち構えています。

ボスは膨大なHPの他に攻撃方法も苛烈になるため、自身の装備次第ではじり貧になることも。特に被弾が痛いので火力不足で弾切れになるとかなり苦戦を強いられました。

ちなみにボスのデザインは一部除いて雑魚敵を大きくしただけなのがちょっと残念。



SSC642.jpg

ステージにはショップも存在していて強化であったり、いらない装備3つで好きな装備を生成することが可能です。

このため、欲しい装備が出ないという事は防げるのですが、ランダム強化の関係で結局作っても使えない事の方が多かったり。

ちなみに装備品はリセットがかからないため、ゲームクリア時はもちろんゲームオーバー時でもロストしません。そのため段々と欲しいステータスを吟味する形になるため、ローグライクRPGという方が近いかも。



SSC643.jpg

また、自機となるキャラクターは4種類から選択可能。

それぞれで異なった特殊能力を持つためある程度違うプレイスタイルを楽しめます。入手した装備品は倉庫で共有可能なため、キャラを変えたから育てなおしとはならない親切設計なのは嬉しいところです。



SSC644.jpg

そして永続のスキルツリー。

「装備するパッシブスキル」と「ステージ中にドロップするアイテムを増やす」二種類のスキルが存在します。スキルの解放に必要なアイテムは雑魚敵であったりボスからドロップ。

合計要求量はかなりのものなので、計画的に開けていきたいところです。ちなみに右側が属性系、左下側がリスク付の強化系、下は順当な強化系が中心になっていくっぽい。



SSC645.jpg

この手の周回系ローグライクアクションのお約束として、クリア後は難易度選択が出現。透明な形から推測するに全10難易度あるっぽい。

出現するアイテムはスキルツリーで固定っぽいので、難易度で大きく変わるのはランダム強化値の数値だけっぽい? なので無理に後半を目指すよりは、序盤で稼いでアイテムを出すのを優先した方が楽になりそうですね。



SSC646.jpg

二段ジャンプに壁張り付き、ダッシュも存在して操作感はかなり快適です。

また、ダッシュには無敵判定があるため、多数の弾幕に囲まれても回避でやり過ごすなど、技量次第で難所を突破しやすいのも良かったです。運が良いとすぐにポータルが見つかりますし、全体的にサクサク進めるのは面白かったです。


一方で装備品をロストしないのが、利点にも欠点にもなっていると感じました。

確かに繰り返し挑んで少しずつ強化できる利点もあるのですが、割とすぐに特定強化値のみを求めてマンネリ化しやすいのですよね。繰り返し挑むランダム要素の強いローグライク系というよりも、戦闘を重ねてドンドン強くしていくRPGの傾向の方が強いと感じました。

なので、RPGのコツコツ少しずつ強くなるのが好きな人にはあうけど、毎回違う装備を拾ってプレイするローグヴァニア系を期待しているとコレジャナイ感があるかもしれない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント