[グラブル]ラブライブコラボ の 感想

GSC336.jpg

前編から後編まで一通り終わりました。

グラブルとしてはサンシャインとのコラボが先に行われたけど、その中でμ'sの存在が語られていたので、時系列としてあのコラボの前の話みたいですね。

ラブライブはMAD動画等で見かけたことあって、中途半端ながら知識がある状態。そしてサンシャインコラボとの関連もあるという事で、全体的に謎とか演出とかネタも分かって楽しめました。
ただ、若干複雑で難しい部分があるので、人によっては???で終わりそうですよね。特にアイナさんの立ち位置はサンシャインコラボ見ていても難しいので、そっちのコラボ見てない人はよく分からない存在で終わりますし。


GSC337.jpg

今回のコラボ先のμ'sの9人。

いつもながらグラブルの再現しつつ、馴染ませるアレンジ具合は凄いですよね。



GSC338.jpg

モブの町長さん。

もしかしてサンシャインの方で出てきた町長さんと同一人物かな?



GSC339.jpg

ライブって当たり前の存在ではあるけど、文化がない世界に広めるのってホント大変ですよね。ここでの努力がサンシャインコラボの下地に繋がっていくというのが熱いですね。

そして妄想だけかと思ったら現実に起きてしまった滑りは泣ける。



GSC340.jpg

そして謎の存在。

前編時点では正体不明だし、明確な悪意があるわけでもないし、とにかく不気味でした。戦闘系の作品コラボだと原作側が絡んでいたりするけど、非戦闘系だとグラブルオリで推測も難しいもんね。まぁ、後編見たら見たで若干スッキリしない存在ではありましたけど。

コラボ等で世界の壁に穴をあける奴らが多発してるし、実は創造主はそれで巻き込まれて飛ばされた存在だったりして。



GSC341.jpg

謎の少女アイナさん、一体何リスなんだ・・・・。

両方の世界の事について詳しかったり、今回の作品の架け橋役。サンシャインコラボを遊んでいると前編時点でも何となく正体含めて分かるけど、遊んでないと本当に謎の少女で最後まで終わるので、諸刃の剣のキャラでもあるなぁと。



GSC342.jpg

グラブルからはアテナさんが参加。

プレイアブルキャラとしては去年末ながら、召喚石やマルチとしてなら古参勢だよね。でもストーリーに登場するのは初めてだった気がする?

守護の女神がどう絡むのかと思ったけど、現実世界でも有名な女神という絡みがあるのか。そして防衛に専念する構成上、全体的に大活躍していて良かったです。ちなみに拠点作成はフェイトエピソードでも見れるけどエグイ罠が多いのよね。



GSC343.jpg

そしてもう一人のゲストのメデゥーサさん。

最近出番が急速に増えてるよね。星トモの時もそうだったけど、人間社会にも馴染んでいて社交的な星晶獣。そういう設定上扱いやすいんだろうなぁ。

ところでバレンタインメデューサで混ざった方が親和性高かったんじゃないかとひっそり思いました。



GSC344.jpg

似た者同士(?)というべきか、こういう関連性を付けられるキャラ同士の絡みもコラボの醍醐味ですよね。

どうでもいい事で張り合う二人にほっこりする。その後に絆ができるのも定番だけどほっこりする。



GSC345.jpg

そして噂のファランクス矢澤。

アイマスコラボ系だと不思議な力を身に着けてるけど、彼女らはストーリー上は完全に非戦闘員っぽいよね。そんな能力がなくてもファランクスが使えるってびっくりだったし、まさかコラボキャラがあのファランクスを使うとは思わなんだ。



GSC346.jpg

そして後編ではまさかのトリプルファランクス。

相手が手加減していたのもあると思うけど、しっかりカットで来てるの凄いなぁ。普段のグラン君が使う70%カットも大半を防ぎつつ漏れた攻撃が30%ぐらいなんだろうか。

三重ファランクス・・・・ください。



GSC347.jpg

本性を現したアイナさん、まさか召喚までしてくるとは思わなんだ。

刃の形もまんまだったのでニヒ何とかさんなのは間違いないよね。敵の偶像が過去からのサンプルとして、アイナさんは未来からの縁があるサンプルとして呼び出されたのかな。偶像の方は縁がないかと思ったけど、神田明神辺りの神様がネタ云々説を見かけてなるほどと・・・・。

しかし清純派だと思ったらヤンデレだったか。ヒヒヒの笑い声がもう最高でした。



GSC348.jpg

今回のシナリオ中では語られないけど、アテナさんの開放エピソードでも役割が原因で暴走したりするんだよね。そんな星晶獣と役割とはというのが一つのテーマだったのかな。

あと密かに全く関係ないティアマトさんのスチルが増えて笑う。



GSC349.jpg

グラブルの世界ではモンスターも存在し、戦闘自体が当たり前だけど、そんな争いが消えた後に残るもの。空の世界だけでは難しかったものが外の世界との繋がりで残っていくのかぁ。その一つがサンシャインコラボに繋がっていくけど、アイナさんがいた場所でもまた役立っているのかもしれない。

今回の争いでも抑えられるけど、争えば争うほど悪化する流れは上手かったよね。サンシャインの歌が希望をつなぐのは結局争いの補佐だったけど、今回のは明確に争い以外が答え(武器)として繋がっていったし。



GSC350.jpg

ちなみに9人の中で一番好みなのは東條希さん。

今回も上限解放の投票が行われていますが、自分は彼女の所属する3年生チームに投票してきます。



GSC351.jpg

サンシャインコラボではグラン君達はμ'sのことは知らない扱いになってたけど、シナリオ分岐で改変されてるのは笑った。でも今回のアイナさんの設定とかから察するに、未来が変わったという見方もできるのでこれはこれでありかもしれない。


複数コラボの関連による謎もあって個人的には楽しめたけど、そちらを知らない勢やラブライブ目当ての新規勢にはどういう評判なんだろうね。

関連記事

テーマ : ゲーム - グランブルーファンタジー

コメントの投稿

非公開コメント