[Steam]手軽にVチューバー用3Dがキャラが作れるサービス「Vカツ」 の感想

SSB557.jpg

[Vカツ]
http://vkatsu.jp/

キャラメイキング方式でアニメーヂョンに対応した3Dキャラを作成可能で、VRM形式の出力なども可能なVチューバー支援サービスのようです。個人に限り商用目的の利用も可能なようで、敷居の高かったVチューバーの壁が一つ下がりそうですね。

ソフト自体はSTEAMで無料配信されておりキャラメイクを自由に行う事が可能です。VRM形式に出力する際に有料のキャラチケット購入(\5,000)が必要で、今後企業向けサポートなど拡充を目指しているとか。

ヘッドセット等の機器があれば実装に操作も可能ですが、なくてもキャラメイクでは遊べます。

続きを読む

[ツール]メッシュベースのアニメソフトを探して「OpenToonz」

SSB381.jpg

[OpenToonz]
https://opentoonz.github.io/

AnimeEffectsを使ってみたものの物足りなさを感じたので、他にもキーフレームでアニメが作れるソフトがないか探していたところ見つけました。
OpenToonzはあのスタジオジブリでも使われているツール「Toonz」をベースに、ドワンゴがオープンソース化したソフトらしく、
アニメにおける彩色~撮影付近を主に担う本格的なアニメーション制作用のツールみたいです。

なのでボーンやメッシュ操作でのアニメ用ソフトではなく、そういう機能も持ったツールなんですよね。

続きを読む

[AnimeEffects]何となく流れが分かってきた

SSB363.jpg

AnimeEffectsを色々試していき、段々と使い方が分かってきました。
ただの〇だと動かしていて寂しかったので、今回はモンスターっぽいものを用意してみました。
3分お絵描きなのでクオリティは気にしてはいけない・・・・。

メモも兼ねて簡単な動作をさせるまでを記事にして残しておきます。

続きを読む

[制作メモ]2Dスプライトのアニメーションツール

少し前に2Dのアニメーションツールを触ってみたい云々言いましたけど、今ってどんなツールがあるんでしょうね。

今回やりたいことは主に以下の2つで、予算的にはできれば無料で使えるとベストかな。
1. いわゆる立ち絵系を軽く動かしたい (カットイン等に応用)
2. ちびキャラをアクションさせるレベルで大きく動かしたい (アクションゲーや格ゲーに応用)


ということで調べてみたら、ちょうどそんなツールをまとめられている方がいて凄い参考になりました。

続きを読む

[製作]ドット絵ツールのGraphicsGale

ドット絵ツールというとみなさんは何を思い浮かべますか?
私は「EDGE」と「GraphicsGale(フリー版)」という2つのフリーウェアです。

この2つは機能が向上した「EDGE2」と「GraphicsGale(シェアウェア版)」という有料版が存在するのですが、
1周間ほど前にGraphicsGaleがフリーウェア化したようです。


10年以上前からある知る人ぞ知る定番ソフトですけど、まさかここに来てフリーウェア化するとは思わなんだ。
GraphicsGaleはアニメ用のレイヤ管理は便利という印象だったのですが、
gif保存がシェアウェア版しか存在しないなど痒いところに手が届かなかったので嬉しい話ですわ。
EDGE使いなんだけど、この機会に乗り換えようかな。

[ウディタ]WOLF RPGエディター(ウディタ)を触ってみた

SS788.jpg

[WOLF RPGエディター公式サイト]
http://www.silversecond.com/WolfRPGEditor/

大型更新後の燃え尽きで全然キャラ製作がはかどらないので、
前々から興味を持っていたウディタに触れてみました。
(リック氏に誘われた時に、「次回キャラ(博麗オメガ)を公開したら触ってみます」と約束したのもあるんだけども)

ちなみにウディタってなんぞやに対しては・・・・、
簡単に言うとRPGなどが作れるフリーの製作ツールかな?

続きを読む

[製作]ツール紹介「簡単にエフェクトが作れる無料ツール Prominence」

SS724.jpg
ツール名:Prominence
http://game-hikidashi.com

最近このツールを使い始めたのだけど、思っていた以上に使い勝手がよさそうです。
何が出来るのかというと、ベースとなる画像を用意して、
それを拡縮/移動/色の変化/発生数、など調整して組み合わせるとエフェクトが作れるというツール。

試しに作ってみた画像がこちら・・・。

続きを読む

[製作]ツール紹介「色の取得に便利なツール、色彩り」

SS642.png

「色採り」
http://dev.onionsoft.net/seed/info.ax?id=425

絵を描く時に「検索した写真のこの部分の色がほしい」って事があるんだけど、
そんな時に出会ったのが、この「色採り」ってツールでした。

使い方はシンプルで、左上のウインドウでドラッグを行うと、
マウス周辺が拡大表示されるようになります。
で、欲しい色のところでボタンを離すとその色がバーに反映されるという仕組み。

色情報を他のツールに渡したり、複数の色を並べて眺めることもできるので、
今後ちょっとした時に活躍してくれそうです。

PosAddした時の上限?

紙竜のイントロで一度通り抜けるような演出を作っていたのですが、
本体のX位置をPosAddで1000ほどまで加算するとうまくいかない・・・。

数値を大きくしても同じ数値で止まってしまうので、もしや本体って範囲制限でもあるのかな?
念のために複数のステージでも試してみたんだけど、
ステージ別で複数のパターンに分けられたので、たぶんステージ固有のパラメータがあるのかな。


今回は常時移動させるためにスタート位置の決定で使っていたので、
時間まで透明で隠してタイミングで出現させる方式に変更しますか。

(技名的な意味で)可能性を感じる地学


サムネにあるような地学用語を集めた動画のようです。
技名を決める際の資料として面白いかもしれない。

うん、普通の地学用語が出てくるだけなのに、
なぜこうも可能性を感じてしまうのだろうかw