[Steam]ペンギンが大空を飛び、氷を滑って距離を競う「Flynguin Station」の感想

SSC251.jpg

ペンギン、それは海鳥でありながら飛ぶことができない鳥。

そんなペンギンがどうにかして空を飛び、その飛距離を競い合うゲームです。分かる人なら「ぶっ飛ばし系ゲーム」といえば分かるかも。
1周数分程度で終わり、入手した経験値要素で強化して飛距離を伸ばしていきます。

ペンギンが空を飛ぶというと微笑ましいのだけど、空を飛ぶ方法がジャンプ台を滑って勢いをつけて、爆薬(!?)で吹き飛ぶというものでバカゲーの分類の方が近いかな?

続きを読む

[Steam]魔盤の謎を解き明かせ、紙芝居テイストなローグライクSRPG「纸境英雄 Papercraft」 の感想

SSC240.jpg

ローグライクやデッキビルディング要素の入った紙芝居風のSRPG。

主人公は紙境魔盤というボードゲームに選ばれた人物。ボードゲーム上で展開される物語を攻略し、ゲーム内の謎と現実内の謎を解き明かしていきます。

ローグライク・デッキビルディングということで、ゲーム中に拾ったカードでデッキを強化していきます。全3ステージのボスを討伐すればゲームクリア。
戦闘部分はSRPG形式となっていて、ゲーム全体が紙芝居を意識したぺらぺら演出となっているのが特徴かな?

続きを読む

[Steam]姫を擁立し即位を目指す、デッキ構築型カードゲーム「ハートオブクラウン」 の感想

SSC200.jpg

お気に入りの姫を後継者として擁立し、条件を満たしていち早く戴冠式を迎えるカードゲーム。

特徴の一つとして全員が同じデッキを使ってスタートし、ゲーム中にカードを追加したり削除したりして組み替えること。この事からデッキ構築型というジャンルに分類されるようですね。

続きを読む

[Steam]変化するマップを探索周回するローグヴァニア「Dead Cells」 の感想

SSC187.jpg

謎の島で独房から城の最奥を目指すアクションゲーム。

入るたびに変化するランダムマップを繰り返し遊んでいくタイプで、ランダムドロップのアイテムを集めて強化し、最奥のボスを目指していきます。また、設計図を解放するなどしてアイテムが増えていくため、繰り返し遊ぶほど強くなっていきます。

武器は剣や槍のほか、ムチや弓などバリエーション豊かで、盾やトラップといった補助武器も揃っています。出会う武器で毎回プレイスタイルが変わる事や全体的にテンポよく進むため、ゲームオーバーになってもついもう一周してしまいます。

続きを読む

[Steam]車が通る橋を組み立てるパズルゲーム「Poly Bridge」 の感想

SSC174.jpg

パーツを置いて車の通る道路を作り、木で補強して橋を作るパズルゲーム。

物理演算による強度が存在し、適当に組み立てると重さで崩壊してしまう。力のかかり方を考えて組み立てる必要があり、ドンドン複雑化する条件と合わせて悩まされることになります。

続きを読む

[ゲーム]Dead or School「東京タワー、そしてEDへ」

SSC164.jpg

最終ステージの六本木に到着。

残された時間が少ない中で動き出す3つの勢力。常にギリギリの中で最後まで希望を捨てないヒサコさん。そして今までの積み重ねが繋がっていく流れが凄く良かったですわ。

特に最後のトモダチがあの人というのがいいよね。

続きを読む

[Steam]雨宿りでよった水車小屋でのひと時を体験する「狼と香辛料VR」 の感想

SSC161.jpg

狼と香辛料というライトノベルはご存知でしょうか?

10年ぐらい前にアニメ化もされており、名前だけは聞いたことあるという人も多いかもしれません。そんな狼と香辛料のVRアニメ作品が最近発売されました。

スクショもちょっと斜めになっていたり正方形の画像になっていますが・・・・。そうなんです、VRなんです。曲がっているのは慣れてないからなので許して。

続きを読む

[ゲーム]Dead or School「浅草駅を突破、物語も終盤へ」

GSC266.jpg

浅草駅へ到着、そして突破しました。ステージ毎に場所の特色やイベントが異なってて面白いですね。

メイン武器はイベント上だと刀ですけど、自分の中ではチェーンソーで固定になりました。ブンブン振り回して腐敗生物を粉砕していく女子生徒・・・・世界が平和になった後は大丈夫だろうか。

続きを読む

[Steam]新人スナイパーとなりミッションをこなせ「Heroine of the Sniper」 の感想

SSC148.jpg

新しく舞台に配属されたスナイパー志願の少女が、様々なミッションをこなしていくFPS。

スナイパーという事で遠隔地にある爆弾を撃ち抜けといった、狙撃の腕を問われるミッションが基本です。とはいっても常に同じ場所で撃ち続けるだけではなく、時には街中を歩き回ってロボットを排除せよという突撃ミッションなんかも。

1ステージ数分クラスの物が多く、簡単な操作感ですぐには入れて、サクッと気軽に遊べる良いゲームでした。

続きを読む

[ゲーム]Dead or School「秋葉原駅を突破 & お気に入りの武器」

SSC142.jpg

ようやく秋葉原駅を突破しました。

徐々に正体を隠さなくなってきたボスと衝撃の展開で一気話が動き出したところです。次の目的地で真実が分かるらしいけど、一体どんな過去が待っているのやら・・・・。

秋葉原駅は電気部品とオタク文化ということで、かつて存在した漫画にまつわるサブクエストも。あの漫画ということで知っている人はニヤリと来る展開でしたけど、あのキャラ似てるなぁと思ったらヒサコちゃんも言及してビックリしました。もしかしたら何か繋がり持たせてるのかな。

続きを読む